自転車での交通事故

交通事故と聞くと、その多くは自動車事故をイメージします。
たしかに、年間で最も多い交通事故は自動車事故です。
しかし、近年では自転車事故が増加傾向にあります。


自転車は、自動車と違って運転免許が必要ありません。
そのため、小さな子供から高齢者まで幅広い年代の人が自転車を利用しています。
特に都心部では通勤・通学・買い物などの際に交通手段として自転車を利用することがとても多く、生活必需品となっています。
更に、自動車と比べて運転操作も簡単です。
これらのことから、自転車は安全な乗り物だと認識している人が多いのです。


しかし、実際は自転車でも重大な交通事故を引き起こす危険性は高く、歩行者との事故の場合は歩行者が死に至ることもあります。
そのため、自転車を運転する際にも自動車の運転と同様に細心の注意を払わなければなりません。
自転車に運転免許は必要ありませんが、交通ルールを守る義務はあります。
交通ルール違反による交通事故は、自動車同様重大な罪になります。


実際、これまでに自転車による重大な交通事故は数えきれないほど発生しています。
具体的にどのような事例があるのかをまとめてみました。
また、その事例から交通事故の原因はどのようなことが挙げられるかも解説しています。


前述したように、自転車での交通事故は年々増加しています。
この影響からか、自転車保険に加入する人も増加しています。
自転車保険とはどのようなものなのか、どんなメリットがあるのでしょうか。